ストレスは、非常に身体に良くないもの。ストレスの蓄積した体は、
ボロボロになり、さまざまな異変が起こります。そんな体の異変でも、
特に多いのは、便秘・下痢・胃痛など、胃や腸に関する症状です。 妊婦が便秘になると助けてというほどつらいものです。

ストレスが溜まると、何故、胃や腸に症状が出てしまうのか?
また、どのような症状になるのか、紹介させていただきます。


ストレスが引き起こす、胃腸の症状は何故起こる?

胃や腸と言うのは、食べたものを消化する「消化器官」
と呼ばれる器官です。そして、この消化器官と言うのは、
体の中の自律神経によってコントロールされ、支えられています。
簡単に言えば、ストレスを感じると、この自律神経のはたらきが
悪くなるために、胃や腸に症状が出やすくなるのです。

この自律神経には、交感神経、副交感神経の2種類があります。
ストレスによって、大脳より指令が正しく伝えられないと、
交感神経は胃の血管を収縮し、血行が悪くなり、キリキリとした、
独特の胃痛に変わります。

副交感神経もまた、必要以上の胃酸が分泌されるようになり、
胃の中が荒れてしまいます。これが、胃痛の症状の原因です。
ストレスからくる便秘、下痢に関しても、同じように、
交感神経、副交感神経の2つの自律神経が大きく絡んできます。

ストレスが原因となる、便秘、下痢、胃痛の症状

ストレスの度合いによって異なりますが、一般的には、
それぞれ、ストレスを絡まない便秘、下痢、胃痛の症状と同じです。
ただし、ストレスが原因である場合、それが毎日といった頻度で、
長く起こるのが特徴となります。

また、最近では、ストレス性胃腸炎や、ストレス性腸炎などの、
病名も良く耳にするようになりました。軽いものであれば、
病院に行くまでもない症状で済むこともありますが、
そのままにしておけば、ストレス性胃腸炎や、ストレス性腸炎の症状で、
病院にいかざるを得ない状況になるかも知れません。
そうなる前に、胃や腸の症状には気を使い、
適度にストレスを発散しながら、治していけると良いですね。

便秘薬を使用すれば一時的に便秘は解消しますが、
根本的な対策はストレスの原因となったものを解消する必要があります。