ストレスありが当たり前

現代社会ではストレスと無縁に生活することはできません。
どんな人でも心に何かしら負荷を抱えて生活しているものなのです。
代表的なのは仕事での人間関係などがストレスになることが多いのです。

職場には様々な育ちや価値観、考え方や主義、信条を持った人が一堂に会し、
そこで一緒に協力して仕事をしていかなければいけないのです。

考え方や価値観が異なる人同士では、仕事上で衝突することも多く、トラブル
にまで発展することもあり、そのことで仕事がうまくはかどらず過度なストレス
を抱えるのです。

また上司からの指導や叱責には完全に受身になってそれに従うしかありません。
また上司が間違っていたとしてもそれを受け入れ従わなければならず、
そのことが非常に心に負荷をかけるのです。

こうしたストレスが蓄積していくと、心が疲れ果て、体が思うように動かなく
なる事もあるのです。

最悪の場合はうつ病やパニック障害を患ってしまうのです。
そのため日々のストレスを上手く発散する術を身に付ける事が非常に大事なのです。

一番良い発散方法は仕事場を離れたら仕事のことは完全に忘れ、何か自分の好きな
事にのめりこむことが大事です。

趣味のスポーツ、映画鑑賞など何でもよく、その時間だけは会社や仕事、
上司のことを完全に忘れ去る時間を持つことが大事なのです。

こうした楽しみをみつけ心を上手くリセットできるようになると、ストレスによる
うつ病などを回避することができるのです。